プレスクールに通う【ENGLISHで学習力UP】

教育の一つ

今日の「幼児教材」と今後

「幼児教材」と一括りにいっても、様々な教育法が基となっています。遊びをたくさん取り入れたものや、知的側面を中心としたものなど、それぞれに特徴を持っています。 様々な考え方に基づいた「幼児教材」ですが、今日の多くの幼児教材は「脳の働き」に注目して開発が行なわれています。脳に関する研究が数多くなされた結果、幼児期に脳へ与えられた様々な刺激は、子供の能力に大きく影響を与えることが判明しました。この「脳科学」の視点に立ち、右脳や左脳にバランスよく働きかけがおこなわれています。この傾向は一層顕著なものになり、科学的な側面から考えられた「幼児教材」は、今後も一層普及すると考えられています。

子供の心に寄り添うことが必要

「幼児教材」は、脳科学的な側面だけに重点を置いているわけではありません。今日では科学的な側面と共に、「心や精神」の教育にも重要視されています。社会が複雑に変化する中、「心や精神、道徳」については学ぶ機会が少なくなりました。「幼児教材」は、知的な取り組みばかりのものだけではありません。文字や数、言葉といったものから、教材に「1人の人間として正しい生き方」を教える様な内容のものまで多岐にわたります。「幼児教材」は、勉強だけ出来る子供を育てるためにあるのではありません。そのことを良く理解した上で、教材を使いながら子供にあらゆる働きかけをする事が大切なのです。 「幼児教材」とは、全ての子供が、1人の人間として自立できるようにするためのものです。