プレスクールに通う【ENGLISHで学習力UP】

重要性が高い

近年の「幼児教材」とは

近年の「幼児教材」は、子供達の「脳」に働きかけるものが増えています。この背景には、脳の研究が進んだ結果、幼児期の働きかけが重要であると解明されたことによるものでしょう。 幼児教材の多くは、親子で取り組むことが求められます。年齢が低い程、この傾向は顕著なものになります。脳は自ら発達するのではなく、外からの様々な刺激が必要なのです。そのため、幼児教材は親のサポートが必要です。CDやDVDを使用することも出来ますが、親子で取り組みを行なうことが最適な方法だと言われています。 「幼児教材」を効果的に使い、子供の健やかな発達を促すためには、親が積極的にサポートをすることが大切なのです。

楽しんで取り組むことが大切

「幼児教材」の多くは、親子で取り組みを必要とします。親が取り組みにかかわることでより効果が期待できる反面、ついつい「出来ない」ことに眼が向いてしまいます。また、親がイライラしていると子供にその気持ちが伝わり、楽しんで取り組みを行なうことが出来ません。これでは、親子とも辛い経験になってしまいます。 幼児教材を使うことの目的は、知識を詰め込むことではありません。多くの方は、「自立した立派な人間」へ成長をすることを望み、そのために幼児教材を使っていることでしょう。子供の成長は1人1人大きく異なります。「出来る・出来ない」にこだわりすぎず、良い親子の関係を維持し、子供の持つ個性を引き出すことが大切なのです。